読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラの趣味ブログ

日々の生活や趣味の話

人生とは部活動

f:id:jackthemovement:20160610105818j:plain

果たしてこのままで良いのだろうか?

ふとそんな事が頭を過って焦ってしまう。

だから、今夜は『人生』について真剣に考えてみる。

そもそも人生とは何ぞや?

ある人は人が生きた道のりや証だと答え、またある人は哲学じみた説明をする。

で?結局わたし達は何を知りたいの?人生の意味?イヤイヤそんなんじゃないよな。

多分、不安なんだ。現状に満足出来ず自分を押さえて時間が過ぎてしまう事が堪らなく怖いんだ。



人はロボットじゃ無いから、笑い泣き叫ぶ感情の喜怒哀楽が備わっている。
なので、いくら頭で考えて自制したとしても物にも限度があります。

人間は本能の間々に生きていけない難しい生き物だから、小さな頃から我々は、自制して正しい行動を取るように学んで来た。

しかし、社会が望む理想と私達が望む理想が必ず同じとは限らない。

確かに誰かを助けて感謝される事に嫌悪感を持つ人はあまりいないだろう。よく我々は社会の歯車だと比喩が使われてますよね。みんなが協力するから社会が成り立つ訳でそれは間違いではありません。


しかし、BUT.


この世は不平等です。同じ町、同じ学歴、同じ職場でも皆それぞれ違います。

(´・Д・):「あの頃、一緒に机を並べて給食を食べたあいつが、今じゃ家から一歩も出ないんだとさ」

(´・Д・)「クラスのアイドルだったあいつが今じゃ電話一本で宅配される〇〇女だってさ」


(´・Д・)「オラオラとDQNだったあいつが今じゃ角が取れて廃人だってさ。」


みんな同じクラスだった筈なのに何でこんなに変わってしまうのか。果たして僕らの人生は間違っていたのだろうか?僕らが何か悪い事をしたのだろうか?


答えは分からない。分からないから私達は悩み苦しむ。

だから、わたしはこう思うのだ。

「綺麗に生きるだけが人生じゃ無い。私は私の思う形で社会に貢献すればよい。見返りは期待しないさ。何故なら一番は自分の生活だから、自分が満たされて初めて誰かを救えるのだと思う。」


人助けしたくても顔が濡れて力が出ないじゃ話になら無いでしょ?だから、先ずは自分のコンディションを整える事が大事なのですわ(笑)

部活動やスポーツがいい例ですね。


せっせと鍛錬を積みながらも、上手いこと自分で休憩を取ったりモチベーションを上げたりしていた筈です。


あの頃の気持ちや姿勢が案外社会で役に立つのかもね。


そんな、訳でまとめると


部活動はすごい!って事で締めたいと思います。



結局意味不な内容になってしまった (笑)