アキラの趣味ブログ

日々の生活や趣味の話

長者番組の終了と学校や会社の指導について考えてみた

f:id:jackthemovement:20151119153448j:plain

最近TV見る機会が減っていたせいか、知らなかったのですが

ごきげんようが終わるみたいですね

matome.naver.jp

あのサイコロを振ってお題に答えるのが好きだったんですけど残念(ノ_<)

笑っていいとも も昨年?終わってしまったのでお昼の定番が無くなりましたね。

あとは、水トアナが好きなんでヒルナンデスが終わらない事を願いたい。

長きに渡って活動する事って大変ですよね。
我々の最初の長い活動って小学生だと私は思うんですよ。

6年間も同じ学校に週5回。私たちの頃は土曜日も学校があったので週6回ですが、今思うとよく通ったなぁと染み染み思います。



中には無遅刻無欠席の人もいるんでしょうね。6年間無遅刻無欠席という事は……

週5日×約4週間×12ヶ月×6年間=

約1440日!

計算間違いして無かったら、それだけの日数通ってる事になりますね。

いやはやどんだけ、学校LOVEなんだよ!と学校嫌いだった私が言ってみる(笑)

私は学校あまり好きじゃなかったのですが、学校行くのが好きな方も沢山いるんでしょうね。

友達と楽しくお喋りしたり、部活動に青春を捧げたり、恋愛に悩んだり、中には委員会活動や学校行事、勉強に力を入れた人もいるかと思います。

そんな中で私が学校生活で楽しんだ事と言えば部活動かな?中高大学と結局部活入っちゃいましたからね。

学校事情も今と昔で結構変わったようです。

mamanoko.jp

言われてみれば、最近キンコンカンのチャイムが聞こえないんですよ!
都会だけかと思ってましたが、うちの田舎も鳴らなくなったので何だか寂しい。

私的には、かけっこの順位より勉強の順位を廃止して欲しいですけどね(笑)

半分冗談ですけど半分理由があります。
というのも運動が苦手な子がいるように勉強が苦手な子もいるのです。

なので、徒競走の順位を馬鹿にされて走ることで運動が嫌いになる子がいるように勉強の順位を馬鹿にされて勉強が嫌いになる子もいると思います。
少なくとも私は実際後者の部類でした。それも馬鹿にしてくる相手があろう事か、私たちを指導し導く教師です。

そのため、学生時代の成績は嫌いな教師の教科は悪かったですね。


確かに馬鹿にされる事で 何クソと見返してやるとやる気になる場合もあります。

私の場合は対象の物が元々好きだったり、上手くなりたい上を目指したいと思っている分野の時は、何クソ根性が出ます。

しかし、私は根っからの負けず嫌いではないので基本物事が楽しいか、儲かるかでしかやる気が出ません(笑)

なので、三大武将ホトトギスで例えれば

鳴かぬならいらねーよ、何様だよホトトギス または
鳴かぬなら鳴く鳥探せばよくね?寧ろホトトギスじゃなくてよくね?
f:id:jackthemovement:20151119152300j:plain

て考えです(笑)

少々話は脱線しましたが結局何が言いたいかと言えば、

学生時代ぐらい甲乙付けて順位に縛られずに、学ぶ事の楽しさを教えて言くべきだと私は思います。

確かに学校生活は社会の縮図とよく言われています。社会にでれば嫌でも学び向上し、競争して勝ち続けなくてはいけません。

なので、学生の時から厳しい現実を味わい慣れる事で態勢を作るのも確かに大事です。

でも、それって理屈なわけですよ。

ウザいものはウザいんですよ(笑)
人を指導する事は本当に難しい事です。ですが、私は絶対こうしなくていけないと決めつけるのは好きではありません。

固定観念無しで、相手の為に私は何を教えられるだろうか?

相手が仕事に求めているものは何か?

を汲み取ってサポートするそんな先生、上司になりたいですね。